【40代・50代・中学生別】フルーツ青汁ダイエットのコツまとめ

【40代・50代・中学生別】フルーツ青汁ダイエットのコツまとめ

フルーツ青汁 40代50代

 

飲んでダイエットに取り入れていくと効果があるというフルーツ青汁。とても手軽にダイエットできそうですが、具体的にはどのようにダイエットをしていくと効果的なのでしょうか。

 

ダイエットは、年代別でポイントが変わってきます。40代・50代・中学生ではどのような差があるのでしょうか?フルーツ青汁ダイエットの年代別ポイントをまとめてみました。

 

 

 

40代のフルーツ青汁ダイエット

フルーツ青汁 ウォーキング

40代のフルーツ青汁ダイエットでは、無理のない範囲で運動を取り入れ、基礎代謝・筋肉量を上げていくのを目指すといいでしょう。運動もメインにするというよりは、筋肉を増やして代謝をアップさせていくようなイメージです。

 

10代・20代のころのような激しい運動はおすすめしません。基礎代謝をあげ、痩せ体質に変化させていくようなダイエットをしていきましょう。

 

酵素を取り入れ、基礎代謝アップを目指す

基礎代謝とは

運動などをしなくてもカロリーを消費するエネルギーのこと。寝ていても消費するカロリーです。

 

基礎代謝は年齢によってだんだん下がってくる傾向にあります。40代でなかなか痩せなくなってきた、と感じている人は、この基礎代謝の低下が原因かもしれません。

 

フルーツ青汁には酵素が含まれているものが多く、酵素は代謝を高め、エネルギーを消費しやすい体へと変化させてくれます。40代のダイエットは、無理に激しい運動をするよりも体質改善を目指して、基礎代謝アップを目指すといいでしょう。

 

>>フルーツ青汁で酵素が多いのはどれ?酵素数の早見一覧表で比較!

 

 

ホルモンバランスの乱れに注意


40代は閉経など女性の体の変化によって、痩せにくくなる時期でもあると言われています。女性ホルモンのエストロゲンというホルモンが減少することが、原因になっています。

 

食事制限をするよりも健康的でバランスの良い食事を意識したり、大豆イソフラボンを摂るなどしていきましょう。フルーツ青汁でダイエットをする場合は、豆乳で飲むなどするといいでしょう。

 

 

50代のフルーツ青汁ダイエット


40代よりもさらに痩せにくい50代のダイエットも、激しい運動はおすすめしません。負担がかかってしまったり、体調を崩してしまっては意味がありませんよね。

 

50代のダイエットは、体への負担を減らし、健康管理をしながらダイエットをするということを意識していきましょう。

 

乳酸菌の多いフルーツ青汁で腸内環境を整える

 

激しい運動をしない50代さんがフルーツ青汁でできるおすすめダイエットは、腸内環境を整え、便秘解消をしていくことです。

 

便秘解消しただけではダイエットにならないかもしれませんが、腸内環境を整えることは免疫力アップにもつながります。50代のダイエットは体内からじっくりと時間をかけて、腸内環境を整えていくのがおすすめです。

 

>>乳酸菌でフルーツ青汁を選びたい人必見!早見一覧表でズバッと比較!

 

フルーツ青汁を継続させて健康を目指そう!


フルーツ青汁は飲むだけでもダイエット効果があると言われています。

 

【フルーツ青汁飲むだけでできること】

  • 乳酸菌のパワーで便秘改善
  • 酵素を取り入れて代謝アップ
  • 美容成分を取り入れて、美肌になる
  • 免疫力がつき、健康な毎日を送ることができる、など

これらの効果を見ていただいてわかるように、フルーツ青汁を飲むだけでできることとは、体質改善に近いことになります。つまり、即効性はないということをしっかりと理解しておいてください。

 

数か月継続して飲み続け、体調を整えながら不要なものを排除していく、という感覚で取り組んでいくといいでしょう。

 

継続するためには、美味しいフルーツ青汁を選ぶことも重要なポイントになってきますね。アレンジや口コミを参考にし、継続できそうなフルーツ青汁を選んでくださいね。

 

>>美味しくて飲みやすいおすすめのフルーツ青汁BESTランキング

 

 

中学生のフルーツ青汁ダイエット

フルーツ青汁 中学生

フルーツ青汁は子供でも飲んでよい、と言われているものが多いです。中学生でも飲むのは問題ないというメーカーさんがほとんどでしょう。

 

しかしダイエットをするとなると、過度な食事制限はおすすめできません。まだまだ成長期ですから、食事制限で体に負担をかけることなくダイエットをしていくことをおすすめします。

 

思春期の中学生が太る理由とは?

 

【思春期に太ってしまう理由】

  • 脂肪細胞が増えるから
  • ホルモンバランスが変化していくから

 

中学生は、心も体も大人へと変化していく時期ですね。細胞の変化やホルモンバランスの変化が原因だと考えられます。

 

思春期の時期は脂肪細胞が増えやすい時期と言われ、一度ついた脂肪細胞はなかなか落とすことができません。健康的な生活で脂肪細胞を増やさないことが大切です。

 

またホルモンバランスの変化により、男性ホルモンは内臓脂肪を、女性ホルモンは皮下脂肪を蓄えやすくなるので、太りやすくなっていきます。女子は女性へと変化し、見た目にもふっくらしてくる時期ですよね。

 

この時期に太ってしまうのは、正常な成長の証だともいえると思います。

 

中学生のフルーツ青汁ダイエットのポイント

食事の栄養補助としてフルーツ青汁を習慣化させる

 

現在の食事内容はいかがでしょうか?ダイエットをするというよりも、現在の食事内容で見直せる点はないかチェックしてみましょう。

 

中学生のダイエットは過度な食事制限はおすすめできません。

 

フルーツ青汁 

そのため食事の内容と食事の時間を正しく整えていくことが大切です。できるだけ多くの食材から栄養を摂り、18時ころまでに夕飯を済ませましょう。

 

さらにフルーツ青汁で、足りない栄養を補助します。フルーツ青汁を習慣化させることで、腸内環境が整ったり、免疫力がついてきますので、継続させていくことが大切です。

 

運動はしっかり行ってOK

 

中学生の場合は、運動を取り入れていきましょう。

 

フルーツ青汁ダイエットでの運動は有酸素運動がおすすめですよ。マラソンやウォーキングなどでよいので、20分以上継続させて脂肪を運動で燃やしていきましょう。

 

 

健康のため、睡眠時間をしっかりとる

 

フルーツ青汁 睡眠

現在の睡眠時間は乱れてはいないでしょうか?

 

睡眠不足は肥満の原因になるとも言われているのです。睡眠不足は基礎代謝が低くなったり、ホルモンの分泌が乱れます。基本中の基本でダイエットとは関係なさそうなことですが、とても大切なことです。

 

 

睡眠時間をしっかりと摂るために早く寝ようとすることで、食事の時間も早くなりますよね。現在の生活を見直して、規則正しい生活を心がけてくださいね。

 

 

【40代・50代・中学生別】フルーツ青汁ダイエットのコツまとめ


年代によって、おすすめのダイエット方法、アプローチの方法が違うことがわかりましたね。フルーツ青汁では置き換えダイエットやファスティングを推奨しているメーカーもありますが、控えておいた方がよさそうですね。

 

この年代のフルーツ青汁ダイエットは、少し時間がかかってしまうかもしれません。しかし、時間をかけた分、リバウンドもしにくいはずです。

 

フルーツ青汁を上手に活用して、健康とスタイルを手に入れてくださいね。

 

目的別フルーツ青汁おすすめランキング

フルーツ青汁おすすめランキング

 

目的別フルーツ青汁【選び方】

ダイエット効果 便秘への効果 美容への効果

ダイエット効果

>>クリック

便秘への効果

>>クリック

美容への効果

>>クリック

原材料の安心&充実 美味しさ コスパの高さ

原材料の安心&充実

>>クリック

美味しさ

>>クリック

コスパの高さ

>>クリック

page top