【眠れないほどつらい!】ダイエット中の空腹感をまぎらわす対策7つ

【眠れないほどつらい!】ダイエット中の空腹感をまぎらわす対策7つ

空腹ダイエット

 

ダイエット中に必ずやってくるあの空腹感。つらいですよね。空腹感に耐えられずに、ダイエットに挫折した経験のあるという方も少なくないはず。

 

ダイエット中に空腹感を感じてしまったら、どうしたらいいのでしょうか?絶対に我慢しなくてはいけないと思ってはいませんか?いろいろ調べてみると、実は、ダイエット中の空腹感は我慢してはいけないということがわかりました。

 

ではダイエット中の空腹感との正しい向き合い方とは?空腹感を我慢せずに、ダイエットを成功させるには?まとめてみました。

 

 

ダイエット中の空腹感をまぎらわす対策7つ

まずはダイエット中の空腹感を紛らわせるための対策7つをまとめました。

 

歯磨きをする

空腹歯磨き

歯磨きをした直後は、すぐにまた食事をしたいとは思わないですよね。歯磨き粉のミントの爽快感も残りますし、美味しそうな物を勧められても、自然と食べずにいる方が多いのではないでしょうか。

 

「歯磨きダイエット」というものも存在するほどのようなので、空腹を感じたらまず歯磨きをしてみるといいかもしれません。

 

水分を摂る

水を飲んで空腹感をしのぐなんて…!と思うかもしれませんが、人間の体は水分が不足すると、空腹感を感じるといわれています。

 

また、空腹時に水を飲むと消化機能の改善や、代謝アップ、むくみの軽減などにも効果があると言われています。

 

ガムを噛む

空腹ガム

ガムをかむことで、脳の満腹中枢を刺激することになります。満腹中枢が活発になると、接触中枢が抑制されるので、空腹感を抑えることができます。

 

またガムを噛むことで、小顔になるというダイエット効果も期待できます。

 

入浴をする

入浴をすると食欲が鈍ると言われています。大きな理由はこちらの2つです。

 

【入浴で空腹感が鈍る理由】

  • 胃液の分泌が抑えられるから
  • 血液が全身に巡り、消化器官に集まるまでに時間がかかるから

 

お風呂に入ると、胃液少なくなることで食欲が抑えられます。また。血液が全身にめぐることで、消化器官に集まるまでに時間がかかるので、結果的に食欲が抑制されることになります。

 

空腹感を感じたら入浴をするのも良いですが、ダイエット中は食前にお風呂に入るのもおすすめです。

 

 

軽い運動をする

 

空腹運動

空腹時とは、血糖値が下がった状態です。食事をすることでも血糖値が上がりますが、軽い運動でも血糖値が上がると言われています。空腹感を感じたときに運動をすれば、食欲が収まるでしょう。

 

この場合の軽い運動とは、その場で足踏みをしたり、踏み台昇降運動などです。

 

少しだけ食べる

 

どうしても我慢ができなくてストレスになってしまいそう!というときには、少しだけ食べ、緩やかに血糖値を上げていくのもよいでしょう。白米やパンなどは手軽ですが、急激に血糖値が上昇してしまうのでNGです。

 

黒糖やチョコレートを少しだけかじってみましょう。ドカ食いにならないように注意してください。黒糖は血糖値の上昇が緩やかですし、チョコレートもすこしかじる程度ならダイエットに影響もでないでしょう。

 

 

交感神経を活性化させる

ダイエット中の空腹しのぎのポイントは血糖値をうまくコントロールすることと言ってもいいでしょう。

 

空腹時は血糖値が下がった状態です。血糖値を上げると、脳が食欲を抑えてくれます。そのため、食事をする以外の方法で血糖値を上げることができれば、食欲を抑えることができます。

 

血糖値を上げるには交感神経を活性化させる

興奮して脳に刺激を与えることでも、血糖値を上げることができます。

 

【交感神経をオンにする事柄】

  • スポーツ観戦で興奮する
  • 怖い映画を鑑賞する
  • 好きな人の写真をみてドキドキする
  • 好きな香りをかぐ
  • 趣味に没頭する、など

 

好きな人ができると、食事量が少なくなったり、食べられなくなったりしませんか?これらは、交感神経が活発になることで血糖値があがり、食欲が抑えられたからだと考えられますね。

 

 

空腹の原因チェック

空腹になったら、その空腹に耐えるのはなかなか辛いことですよね。ダイエットって必ずこの空腹に耐えなくてはいけないのでしょうか?

 

なぜ空腹になってしまうのか、原因をさぐってみましょう。

 

  • 炭水化物を抜いている(糖質を減らしている)
  • 油抜きをしている
  • ストレスが溜まっている
  • サラダしか食べていない
  • 睡眠時間が足りていない
  • 食べ物のことばかり考えている

 

いくつあてはまりましたか?あてはまった数が多い人ほど、空腹に悩んでしまっているはずです。

 

空腹睡眠

早く痩せたい気持ちはわかりますが、炭水化物や油を抜いてしまうと腹持ちが悪くなり、空腹感を感じやすくなります。また寝不足になると食欲増進するホルモンが増えてしまうので、寝不足もよくありません。ダイエット中は睡眠時間の確保も大切です。

 

お腹が空いていると、スマホでついつい食事の画像を見たり…なんてのも、いけませんね。空腹を紛らわす方法をチェックするのもいいですが、空腹を感じないようにする工夫もしてみるといいでしょう。

 

空腹時にやってはいけないこと

限界までお腹が空いてしまうと、あなたはこんなことをしてしまってはいませんか?空腹時にやってはいけないことをまとめました。

 

いきなりドカ食いをしてしまう

空腹時にいきなりたくさんの物を食べると血糖値が上がりすぎてしまい、脂肪増加の原因となります。空腹時は通常よりも栄養素の吸収が激しくなってしまいますし、なによりダイエット中なので、ドカ食いはNGです!

 

糖質の多いもの・果物を食べてしまう

空腹果物

米やパンなどの糖質を多く含む物は、血糖値を急激に上昇させます。果物は、果糖が多く含まれることで中性脂肪の原因にもなります。

 

空腹時は食べ物の内容も選びましょう。

 

空腹に耐えようとしてしまう

ダイエット中は食べてはいけない!と思うと、空腹を我慢してしまいがちです。良かれと思って我慢しているかもしれませんが、空腹の状態が長いほど次の食事での栄養吸収が激しくなります。過食の恐れもあるので、空腹時は何かしらの対策をしましょう。

 

激しすぎる筋トレにストイックになってしまう

運動をすることで血糖値が上がるので、空腹時の対策に運動をおすすめしましたが、激しすぎる筋トレはおすすめできません。空腹時の筋トレは筋肉分解がすすむ上にあまり効果もないので、軽い運動にしておきましょう。

 

コーヒーで空腹を満たそうとしてしまう

空腹カフェイン

水分で空腹を満たすのは良い方法でしたが、カフェインを含むコーヒーや紅茶は注意が必要です。

 

カフェインの神経刺激作用でめまいなどを起こす危険もあるので、空腹時はノンカフェインのドリンクを選びましょう。

 

 

ダイエットの空腹時におすすめ間食・夜食

では、ダイエット中に空腹に耐えられなくなって、ど~~しても食べたくなったら??どのような物を選べばよいのでしょうか?

 

【ダイエット中空腹対策のポイント】

  • 200カロリー以内
  • 消化が良い
  • 水分が多く、満足度が高いもの

 

ダイエット中に空腹を感じたら、味噌汁や春雨スープなどがおすすめです。最近はコンビニでもお湯を入れるだけの春雨スープが購入できたりしますね。体を温めることで代謝アップにもなりますし、消化の良いものは夜食にもおすすめです。

 

ダイエット中の空腹対策にフルーツ青汁もおすすめ

ダイエット中に空腹感を感じたら、フルーツ青汁を飲むのもおすすめです。

 

【フルーツ青汁がおすすめの理由】

  • 青汁なので、ダイエットしながら健康に
  • カロリーは1杯10kcal前後と超低カロリー
  • 乳酸菌配合で、便秘にもアプローチ
  • 美容成分もあるので、ダイエットしながら綺麗に
  • アレンジ豊富なので、飽きがこない
  • 1杯100円以下とコスパも高いものが多い

 

フルーツ青汁は、ダイエットに使用する女性も多い人気ドリンクです。フルーツ青汁で10㎏痩せた、なんて話も珍しくないんですよ^^!健康的に綺麗に痩せたい!と思うなら、ダイエットにフルーツ青汁を取り入れてみるといいでしょう。

 

あなたにぴったりのフルーツ青汁を探すなら

フルーツ青汁ダイエット

 

 

目的別フルーツ青汁おすすめランキング

フルーツ青汁おすすめランキング

 

目的別フルーツ青汁【選び方】

ダイエット効果 便秘への効果 美容への効果

ダイエット効果

>>クリック

便秘への効果

>>クリック

美容への効果

>>クリック

原材料の安心&充実 美味しさ コスパの高さ

原材料の安心&充実

>>クリック

美味しさ

>>クリック

コスパの高さ

>>クリック

page top